天空率無料相談 | プライバシーポリシー

天空率掲示板

道路斜線

行止り道路(4m道路)の場合

[旧:2006/10/13 17:31]

東京での計画ですが、4mの行止り道路にL型に接して敷地があります。奥行き方向に約10m、行止り部に2m接しています。

この場合、通常の入隅の計算が使えないと思いますが、どのように算定位置を決めればよいのでしょうか?
助言宜しくお願い致します。

投稿者)ポン


コメント (1)

投稿者:天空の会 | 2007年02月28日 22:19

[旧:2006/10/17 21:30]

ポンさんへ

ご指摘の通り、東京方式における入り隅算定の場合、各算定ポイント毎に対象となる境界線の両端を見通した範囲(境界線を窓として見通す)
★東京のまちづくり情報/天空率の審査方法
0405 入り角敷地の後退距離の審査方法
(http://www.linkclub.or.jp/~erisa-25/03sky02.htm#0405)
の通りとなりますが、
今回のように行止り部の境界線が2mしか接していない場合等、境界線が短いことにより、最大となる1/2範囲まで見通せないケースがあります。

このケースは明確な取扱方法が記されておりませんが、窓を見通した際に1/2範囲に満たない部分は、あえて1/2範囲まで延ばした範囲で天空率算定されているケースが多いと聞いています。

申請先の担当者に確認されてはいかがでしょうか。

※どなたか審査されていらっしゃる方でお答えいただければ助かります。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

天空率制度・計画手法の普及を目指す 特定非営利活動法人 天空の会